大豆製品(イソフラボン)

毎日出来るアルツハイマー予防法は、食生活を改善すること!中でも豆腐や納豆などの大豆製品は毎日食べてほしい成分のひとつです。健康で物忘れ知らずの老後を送るために、体に良い成分に関する知識をつけて、できるものから積極的に取り入れましょう。

アルツハイマー予防・悪化防止におすすめのサプリメントとは?>>

大豆製品で脳を元気に

脳の働きを活発にするために、頭を使うこと、刺激を受けることと同じぐらい大切なのが「脳に良い食品をとること」。脳を活性化させる食べ物は「ブレイン・フーズ」と呼ばれており、積極的に摂取すべきだとして注目が集まっています。

中でも代表的なブレインフーズが、大豆製品。大豆の煮豆、豆腐、納豆、枝豆、おから、黄な粉などなど、和食中心の食生活には欠かせないものばかりですね。

大豆に含まれているレシチンは、脳細胞に沢山存在する成分で「脳の栄養素」といわれるほど重要な成分です。また、記憶力の維持に重要な働きを持つ神経伝達物質アセチルコリンの材料にもなるため、記憶力はもちろん集中力を高め、アルツハイマー型認知症の予防・改善に役立つと考えられえています。
レシチンはビタミンCと一緒に摂取するとよりアセチルコリンを多く作ることができるとのこと。食卓には大豆製品の小鉢、新鮮な野菜のサラダを並べるのがオススメです。

チロシンという物質はノルアドレナリン(意欲、不安、恐怖、緊張などの感情・精神状態と関係する。怒りのホルモンとも呼ばれる)・ドーパミン(快感、多幸感、運動機能と関係する。減少すると認知症になる)の分泌を高める作用があり、レシチンの作用とあわせて脳をさまざまな方面から活性化する事ができるのです。

また、成人の脳神経細胞は1日平均10万個のペースで死滅(!)しているのですが、これを補うためには良質なたんぱく質が必要不可欠。その点大豆タンパクは質もよく、脳神経細胞を補うのに最適な物質といえます。

さらに注目すべき物質が、大豆イソフラボン。こちらはなんと、アルツハイマーの原因と言われているβアミロイドというたんぱく質が蓄積するのを抑制する効果が期待できる事がわかりました。また、βアミロイドが集まって蓄積する前の段階でも抑制効果が働くため、アルツハイマー発症者だけでなく、まだ症状が出ておらず予防したいという人にも効果が期待できるそうです!

また、大豆イソフラボンには動脈硬化を防ぎ、脳梗塞や心筋梗塞を抑えたり、血中コレステロールや血圧、血糖耐性を改善してくれます。大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じような効果が出るため、閉経後の女性はかなり高い効果が期待できるようです(残念ながら男性はイソフラボンの恩恵を受けにくいようです)。

大豆製品は脳に良い成分がたっぷり、脳細胞も補うことができる、さらにアルツハイマーの原因抑制までしてくれる!まさに「ブレイン・フーズ」という言葉がぴったりです。理想的な摂取量としては、1日40~50mgほどが目安。豆腐なら半丁、納豆なら1パックなので、比較的取り入れやすいと思います。ちなみに多く摂りすぎても必要ない分は体外に排出され悪影響は出ませんので、たっぷり食べるようにしましょう。

毎日続けて有効成分を摂取するのはむずかしい

最近になって、物忘れが急にひどくなったなと思うことはありませんか。「あれを調べよう」と検索をしようとしたら「あれ?何を調べようとしてたんだっけ?」とすぐ忘れてしまったり。1日に必要な栄養素を食事で摂ろうとすると、量が多すぎて食べれなかったり、毎日の料理が同じようなものになったりと、続けるのがイヤになると思います。
そんな時は、サプリメントを飲んでみようと考えてみてはいかがでしょうか。今のサプリメントは小さい錠剤タイプで飲みやすくなっており、さらに味も美味しいものが多いです。ただし、もしサプリメントを試すなら次の2つを気を付けてください。1つは効果に根拠があるものを選ぶこと。もう1つは、続けることが大事なので高すぎない価格のものを選ぶこと。

そういったサプリを探すのが面倒くさいと思う方は、こちらのサイトで5つ厳選してみたので、ぜひ参考にしてみてください。あなたに合ったサプリメントが見つかるかもしれません。

このページの上部へ▲