ウコン(クルクミン)

ウコンに含まれるクルクミンという成分は、アルツハイマー病の抑制に加え、様々な病気から体を守るスーパー食材だったんです!毎日の食生活を見直せばアルツハイマー病に怯えることはありません。健康でイキイキした老後のために今日から予防を始めましょう。

アルツハイマー予防・悪化防止におすすめのサプリメントとは?>>

ウコンの黄色い色素がアルツハイマーを防ぐ!

ウコンといえば、飲み会前に服用して二日酔いを防ぐイメージですが、実は肝臓機能改善効果以外にも多方面にわたる健康効果が期待できる成分なんですよ。その効果をもたらしてくれるのが、特徴的な黄色の色素である「クルクミン」です。

アルツハイマー病は脳にβアミロイドというたんぱく質が蓄積し、神経細胞を殺してしまうことで進行する病気なのですが…クルクミンには、βアミロイドが蓄積するのを抑えたり、既に固まりつつあるβアミロイドを分解する効果、また神経細胞自体を守る効果があることがわかりました。

クルクミンはそのままでは血液から脳への異物侵入を防ぐバリアを突破する事ができず、実用化には難しいところがありました。しかし最近の研究で、噴霧器で吸入すると効率的に脳に届き、βアミロイドと結合して作用することが発見されたそうです。クルクミンは分子構造が単純であり生成するのにも費用はさほどかからず、噴霧器もすでに市販されているもので充分、とのことで、新しい薬が期待されています。

また、日常的にクルクミンを摂取しているとアルツハイマーを発症する確率が下がることも実験で裏付けられてます。実際、野菜中心&ウコンを日常席に摂取するとある北インドの村ではアルツハイマー患者が出ること自体が稀なのだとか(住人の遺伝子にはアルツハイマーが少ない特別な理由は特になかったそうです)。そのほかにもこの村は食生活自然に恵まれておりストレスが少ない・家族の絆が強いといった精神的要因があるために、アルツハイマーと無縁なのだとか。インド全体を見ても、アメリカと比較して1/4ほどしかアルツハイマー患者がいないですから、やはりウコン=クルクミンの力は偉大なようです。

アルツハイマー予防以外にも、嬉しい効果がどっさり

クルクミンには肝臓機能強化、アルツハイマー予防以外にも悪玉コレステロールを減少させたり、活力の元であるアドレナリンの分泌を促したりする効果があります。また、活性酸素除去に関しては効果が高いといわれているビタミンCやビタミンEよりも即効性が高く、ガンの抑制などにも活躍してくれる成分なのだそう。

クルクミンを使った薬や治療はかなり増えてきており、以下のような症状の治療にも応用されています。

【生活習慣病】 アセトアルデヒドの代謝、心筋梗塞、心不全、心肥大、動脈硬化、糖尿病、肝機能、腎疾患、肝疾患、メタボ
【脳神経疾患】 アルツハイマー病、パーキンソン病、癇癪
【がん】 乳がん、子宮頸がん、腎臓がん、口腔がん、すい臓がん、皮膚がん、大腸がん、QOL(生活の質)向上
【炎症】 アレルギー、胃潰瘍、炎症性腸炎、関節炎、リウマチ、潰瘍性大腸炎、膵炎
【感染症】 マラリア、HIV
【その他】 うつ、筋肉疲労、骨粗しょう症、乾癬

こんなに多くの症状に働きかけてくれるそうですから、是非積極的に摂取したいですね。

クルクミンは水より油に溶けやすい性質がありますから、摂取の際は油と一緒にとるのがオススメ。お肉の脂が入ったカレーは理にかなっているということですね。お肉を入れたカレーはカロリーが高めになりますので、鶏肉や大豆を使ったり、野菜カレーなどにすると良いでしょう。

しかしカレーばかり食べているのは偏食につながりますし、塩分も多いので避けるべき。同じような効果が期待できるポリフェノールやローズマリーを摂取するのも良いですし、サプリメントでクルクミンを摂ってもOKです。ただしサプリの場合は、妊婦さんや腎臓病のある方、胆石のできる方は医師に相談して取り入れるようにしてくださいね。

毎日続けて有効成分を摂取するのはむずかしい

最近になって、物忘れが急にひどくなったなと思うことはありませんか。「あれを調べよう」と検索をしようとしたら「あれ?何を調べようとしてたんだっけ?」とすぐ忘れてしまったり。1日に必要な栄養素を食事で摂ろうとすると、量が多すぎて食べれなかったり、毎日の料理が同じようなものになったりと、続けるのがイヤになると思います。
そんな時は、サプリメントを飲んでみようと考えてみてはいかがでしょうか。今のサプリメントは小さい錠剤タイプで飲みやすくなっており、さらに味も美味しいものが多いです。ただし、もしサプリメントを試すなら次の2つを気を付けてください。1つは効果に根拠があるものを選ぶこと。もう1つは、続けることが大事なので高すぎない価格のものを選ぶこと。

そういったサプリを探すのが面倒くさいと思う方は、こちらのサイトで5つ厳選してみたので、ぜひ参考にしてみてください。あなたに合ったサプリメントが見つかるかもしれません。

このページの上部へ▲