原因

アルツハイマー病の基礎知識を身につけて、自分や家族が発症しないよう日頃から気をつけておきましょう。ここではまだ完全には解明されていないアルツハイマーを引き起こす複雑な原因のうち、重要だといわれている3つの要素について、お話します。

徐々に解明されてきた、アルツハイマーの原因

現代医学をもってしても、アルツハイマーの完全な要因を突き止めることは非常に難しいとされています。なぜなら、アルツハイマーは何か特定の原因物質や行動等があるわけではなく、長い時間をかけて脳の中で複雑な要素が絡み合うことで発症するものだからです。

その要素というのが、まずは誰でも起こる「加齢」、それに加えて個人差が大きい「遺伝」「環境・生活習慣」など。そのため、人によってアルツハイマー発症の危険性はかなり異なるのだそう。また、これらがどの程度脳に影響を与えるのか、というところも人によって異なるので、難しいところです。

原因1 加齢による脳の変化

ほとんどのアルツハイマー病は65歳以上で発症する「老人性」の病気。確かに年を取ると誰でも神経伝達物質は徐々に減りますが、アルツハイマーの場合は減り方がかなり急激。なぜ急にそういった変化が起こるのかはまだ正式に解明されていませんが、以下の2つが疑わしい、とされています。

  • 神経細胞のもつれ : 死滅した、もしくは死につつある神経細胞には「もつれ」が生じますが、体は別のタンパク質でその部分を補います。その結果、アルツハイマーを引き起こすタンパク質の沈着が起こるのでは?とされています。
  • 老人斑 : 神経細胞の間に、タンパク質の破片が異常に集まってしまった状態のこと。この破片は互いにくっつきやすいため、小さな破片が集まってどんどん大きくなり、やがて神経細胞を圧迫し死滅させてしまうのだそう。また、老人斑は神経細胞を圧迫するだけでなくダメージを与えて死滅させるため、非常に害悪であるということがわかっています。

原因2 遺伝因子

アルツハイマーは高齢者に起こる病気ですが、30~60歳で発症する「若年性アルツハイマー」というものがあります。アルツハイマー全体のうち若年性は5%未満ですが、ほとんどの症例が家族性であり、遺伝による要素が非常に大きいことが解明されています。

老人性のアルツハイマーも、特定の遺伝子(APOE ε4)を所有していることにより発症リスクが高まるとされています。しかし、この遺伝子を持っているから必ず発症するというわけではなく、持っていても発症しない人、逆に持っていないのに発症する可能性もあるそうです。

原因3 環境因子・生活習慣因子

身体の病気と脳の病気は関係ないと思いがちですが、実は「高血圧・糖尿病はアルツハイマーを引き起こす」と最近の研究で明らかになりました。この2つは生活習慣病の代表的な病気ですから、まずはこういった病気にかからないように務めるのが一番です。

食事面では、ビタミンEの多い食べ物が発症抑制に良いという研究結果が出ています。そのほか、ビタミンB群、ビタミンC、βカロテン、カルシウム、亜鉛、鉄などのミネラルが少なく、脂肪やコレステロールが多いと認知機能が低下する、という報告もあるので、やはりバランスの良い食事は大切。「インスタントばかり食べていると認知症になる」はあながちウソではないのです。

そのほか、体をよく動かす、新聞・雑誌を読む、ゲームをする、博物館へ行く…など、日頃から体や脳を使うことが多い人は比較的アルツハイマーを発症しにくいのだそう。年を取っても新しいことにチャレンジしたり、刺激を受けるのはとても良いことなんですね。

睡眠障害や睡眠不足も原因のひとつ。規則正しい生活をし、しっかり太陽の光を浴びることが良いと提唱している研究者もいます。また昼間に30分程度昼寝をすることが有益だということもわかってきました。

近年色々といわれている「喫煙」ですが、タバコとアルツハイマーの直接的な関係はまだわかっていません…が、喫煙は高血圧や脳卒中など、アルツハイマーの引き金になる病気を引き起こすので控えたほうが良いでしょう。

このページの上部へ▲