若年性アルツハイマーとは

アルツハイマー病の基礎知識を身につけて、身近な人や自分が発症しても慌てないようにしましょう。ここでは60歳以前でも認知症状を発症してしまう「若年性アルツハイマー病」について、初期症状や発症年齢、間違いやすい別の病気などを解説しています。

65歳未満でも認知症が出てしまう

通常アルツハイマー病は65歳以上の高齢者が発症する病気ですが、65歳未満でも症状がでてしまうケースを「若年性アルツハイマー」と呼びます。一般的には40~50代の中高年層が中心ですが、極稀に18歳から発症してしまうこともあるそう!ガンと同じく、年齢が若いと症状の進行が早く、病気が発覚したら注意が必要です。

原因や症状は高齢者と同じで、脳にβアミロイドというタンパク質が蓄積して老人斑をつくってしまうこと、そして脳の萎縮です。ただし若年性の場合は「家族性」とも呼ばれ、遺伝による要素もあるので、家族でアルツハイマー型認知症を発症した方がいる場合は危険度が高まります。

アルツハイマーの始まりは?

初期症状として、頭痛や不眠、めまいなどがあります。心理面では不安感、自発性の低下、抑うつ状態などにもなります。仕事のストレスやうつ病の始まりと一見見分けがつかず、本人も気付かない事がほとんどです。

アルツハイマーは発症までに数年の期間があります。この期間を軽度認知障害(MCI)とよび、症状としては日常生活は普通に送れるものの多少記憶障害がでている程度。この段階で見つけられれば、早期発見の部類に入ります。

発症すると自己中心的になったり、以前より頑固になったり、周囲への配慮がなくなってきます。また、人によっては疲労感がどっと感じられるようになってきたり、急に何らかの衝動に襲われる、などの症状が出てくることもあります。老人性と同じく患者本人はこの変化に気がついていない事が多いので、周りで「あれ?」と思ったらそっと教えてあげてください。

若年性アルツハイマーだと何年くらい生きられる?

発症した年齢や進行スピードに個人差がありますが、だいたい15年程度は生きられるとされています。老人性アルツハイマーの寿命とそこまで差異はありませんね。ただし若ければ若いほど進行スピードは早い傾向にあるので、比較的若い年齢で診断されてしまった方はもう少し短い寿命になるでしょう。

また、どんどん筋力が低下していくため食べ物が飲み込めず呼吸困難になるケースや、食事が肺に入って誤嚥性肺炎などにより15年を待たずに亡くなるケースもあります。

アルツハイマーと間違いやすい症状

冒頭でも述べたように、主な患者は40~50代。それ以下の患者はほとんど事例がないので、10~30代で同じ症状がでたとしても単なる「ストレスや睡眠不足」が原因な事がほとんど。そのほか、以下のような病気が原因になっていることもあります。

  • うつ病 : 物事に悲観的になったり不安感が襲ってくる。イライラ、睡眠パターンの変化、検査では異常がないのに体調不良を感じる…など。
  • せん妄 : 体が起きているのに頭は寝ている状態。よく夜間に起こり、幻覚や錯覚、意識混濁などが起こる。
  • 正常圧水頭症 : 脳内を流れる脳脊髄液が増えることにより記憶力や仕事効率が低下する病気。歩行障害や失禁が起こるケースもある。
  • 脳腫瘍 : 腫瘍の場所により、嘔吐や頭痛などの症状が出る。認知症のような症状がでることも。
  • 脳血管性認知症 : 脳出血や脳梗塞などにより脳が損傷し、記憶障害などが起こるケース。損傷部位によって症状が異なる。
  • クロイツフェルト・ヤコブ病 : アルツハイマーとは違うタンパク質が脳内に蓄積し、脳が機能しなくなっていく。非常に進行が早く1年以内で死に至ることが多い。

間違いやすい病気の中にはとても危険なものも含まれていますから、「おかしいな」と自分で感じたり周囲から指摘があったら、悩むより先に病院で相談するのが良いでしょう。また、特におかしいと感じていなくても健康診断の一環として50歳を過ぎたら定期的に脳ドックを受けることをオススメします。保険は適用外なので数万円かかりますが、重篤な病気を早期発見できる可能性を考えれば受けておいて損なことは絶対にありません。

このページの上部へ▲