【予防・改善】アルツハイマー型認知症で知っておきたいこと

アルツハイマーの進行段階

アルツハイマー病は時間が経つにつれて進行していく病気で、段階を追って徐々に日常生活に困難が生じていきます。どういった順序で変化していくのかを理解しておけば、いざ自分が病気になってしまったとき、家族が発症してしまったときも冷静な判断ができます。ここではアルツハイマーの進行具合によって起こる、患者さん自身が感じる体や心の変化、家族や周りの人に求められる対応について紹介します。

段階1 認知機能の障害なし

脳内でアルツハイマーの予兆が始まっています…が、まだ認知能力に変化は見られず、日常生活になら差し支えはありません。ご家族など周囲の方々も、まったくもって正常と思っている段階です。障害がなく全く問題となりません[注1]

※参考元[注1]alzheimer's association 

段階2 非常に軽度の認知機能低下

「軽度認知障害(MCI)」

正常レベルと発病までの中間的な時期と言え、認知機能の一部に問題はあるものの、日常生活には支障がない状態と定義することができます。この段階で適切な治療を受ければ、認知機能の低下を遅らせ、発病を延ばすこともできるとされています。認知症というよりはど忘れと感じる程度。普段の生活でも起こりうる状況です。[注2]

※参考元[注2]alzheimer's association 

MCIで見られる症状とは?

家族や親戚の名前が思い出せなくなる、鍵や眼鏡の置き場所などをど忘れすることなどが増えてきます。会話のなかでも「あれ」「それ」といった代名詞を使うことが多くなっていきます。また、人と会う約束をした場合、約束したことそのものは覚えていても、日時や場所などが思い出せなくなる。あるいは、電話話を切った後、電話で話した内容を部分的に忘れたり、見ているドラマのあらすじがわからなくなるといったことが起こります。ただし、周囲の人間からは、加齢による物忘れだろうと思われることが多いです。

段階3 軽度の認知機能低下

アルツハイマーの初期段階

身近な人でもなかなか気がつかない位に、少しずつ現れるのが特徴。一番最初に異変に気づきやすいのは本人で、その事実にショックを受け、自分の認識と現実が噛みあわない状態にストレスを感じたり、不安やうつ状態を引き起こすこともあります。アルツハイマーであることを自覚できるもしくは初期段階だと診断されることも。[注3]

※参考元[注3]alzheimer's association 

初期段階で見られる症状とは?

数分前に言ったことを繰り返したり、同じ内容を何度も尋ねる、曜日や日時の感覚がわからなくなってしまうといった記憶障害が起こるようになります。また通帳や財布、印鑑などの大事なものが見つからないことで、盗られ妄想にとりつかれ、家族など身近な人にも疑いの目を向けるようになります。さらには、趣味や習い事に興味を示さなくなる、1日中ぼーっとしているといったことが増えていきます。

他にも忘れていることを取り繕おうとしたり、実際には体験しなかったことを体験したかのように話す、テレビのリモコンなどの使い方がわからなくなるといったことが起こるようになります。ご家族なども、こうした記憶力や能力に気がつくようになっていきます。

段階4 中等度の認知機能低下

軽度あるいは初期段階のアルツハイマー病と診断される段階

最近の出来事について記憶が乏しくなったり、意識が低下するという段階ですが、周囲の人間から見ると、能力の衰えを感じるものの、まだ普通に接することができる状態ではあります。ただ、できないことが増えていきます。この段階に入ると明白な障害が出てくることがあります。[注4]

※参考元[注4]alzheimer's association 

軽度あるいは初期段階で現れる症状とは?

最近の出来事を忘れてしまう、100から7ずつ引き算していくといったやや難しい暗算ができない、お金の管理や支払いがといったことができなくなっていきます。さらには、自分の生い立ちに関する記憶が薄れるという事態も…。こうしたことが重なることで、社交的な場や精神的に困難な状況が苦手になり、引っ込み思案になるといったことが起きます。

段階5 やや重度の認知機能低下

中等度あるいは中期段階のアルツハイマー病と診断される段階

自分や配偶者、子供など周囲の人間に関する知識はまだまだ残っており、食事やトイレの介助も不要という段階です。周囲の人間は、季節にあった服装を用意する、危ないことをしそうなときは注意して見守るといったことが必要になってきます。また、日常生活において他人のサポートを受ける必要性も出てきます。[注5]

※参考元[注5]alzheimer's association 

中等度あるいは中期段階で現れる症状とは?

自宅の住所や電話番号、卒業した学校名などの大切な情報を思い出せない状態となり、場所や日付・曜日なども混乱してしまうようになります。20から2ずつ引き算していくといった、比較的簡単な計算もできなくなっていきます。また、見当識障害という症状が出始め、例えば真冬に半袖を着たり、真夏に長袖を着るといったことが起きるようになります。

段階6 重度の認知機能低下

中等度~やや重度のアルツハイマー

最近の出来事や周囲の環境についても、ほとんど認識ができなくなる状態です。周囲の人間は、トイレを流す、お風呂を手伝うなど日常の補助を行うことが不可欠になっていきます。とりわけ注意が必要なのは、一人で外に出て徘徊して迷うといったことが起こる点です。家族の負担も増えていきますので、生活に支障が出るようであれば、施設への入所を考えるべき時と言えます。[注6]

※参考元[注6]alzheimer's association 

中等度~やや重度のアルツハイマーで現れる症状とは?

トイレの使用にも介助が必要になったり、トイレ以外の場所で排泄をしてしまうといったことも増えていきます。性格も大きく変わっていき、疑心暗鬼や幻覚、妄想、攻撃的な行動をしたりするといったことが増えていきます。ただし、自分の名前はまだ正しく覚えており、配偶者や身近な人の名前も時折忘れるものの、顔はきちんと覚えているという段階になります。

段階7 非常に重度の認知機能低下

重度のアルツハイマー病と診断される段階

この段階がアルツハイマーとしての最終段階とされています。食事やトイレを含め、ほぼ全般にわたって介護が必要です。家族だけで介護をしてきた場合は、疲労の限界となりますので、介護老人ホームなどにお願いできる場合は無理せず頼むのがよいでしょう。[注7]

※参考元[注7]alzheimer's association 

重度のアルツハイマー病で現れる症状とは?

長年連れ添った配偶者や子供の顔も認識できなくなり、話しかけても反応しなくなる、表情を動かさなくなるようになります。手助けしないと座れない、頭を正面に向けて保てないという状況になることも。やがて、体が制御できず寝たきりとなり、嚥下障害や筋肉の硬直、異常な反射反応なども出てきます。

アルツハイマーは発症する25年も前から始まっている!?

アルツハイマー病というと65歳以上で発症する病気ですが、実はその予兆はもっと前から始まっている可能性がある、というデータがあります。

アメリカの研究では、アルツハイマーと診断される25年も前から脳脊髄液内にある「βアミロイド」というタンパク質の濃度が低下することがわかりました。アルツハイマーを進行させる脳内へのβアミロイドの沈着と脳の萎縮は15年前から、脳代謝・記憶の低下は10年前、全般的な認知機能の低下は5年前から始まることがわかりました。

ただし、これは遺伝性の強い若年性アルツハイマーの患者及び家族の実験データであり、アルツハイマーの99%を占める孤発性アルツハイマー(65歳以上で発症する、一般的な症状)に当てはまるかどうかはまだ検証が必要とのことです。

とはいえ、若年性と孤発性は発症年齢が違うだけで似ているところがあるため、診断の数年前から症状が始まっている可能性は多いにあります。まだ症状が出ていなくとも、アルツハイマー予防のために新しいことに常にチャレンジし続けたり、意欲的に運動・創作活動をするなど、脳に刺激のある日々を送って予防に努めましょう。

【特集】アルツハイマーの最新治療! 軽度のアルツハイマーの症状が改善した研究結果とは?【特集】アルツハイマーの最新治療! 軽度のアルツハイマーの症状が改善した研究結果とは?