積極的に頭を使う

ここでは、脳を働かせることはアルツハイマーに1番の効果があることを解説。オススメの脳トレ方法も紹介しています。

脳トレで脳を活性化してアルツハイマー予防

脳は20歳を超えると発達しなくなり、脳を構成する脳細胞は加齢によって数が減少していきます。

脳が働いている時には多くのエネルギーを消費するので、たくさんの血液が作られ脳に送り込まれていて、脳の栄養分である酸素と糖が運ばれています。

たくさんの血液が流れる事で脳機能の低下を防ぎ、アルツハイマーの発症も予防することに繋がっているので、毎日しっかりと脳を働かせることが大切!

加齢だけではなく、日常的にストレスを感じている人やスマホの使いすぎなどでも脳機能が低下するようなので、心当たりのある方は生活習慣を改善する必要があると思います。

アルツハイマー予防に最適な脳トレ

簡単なパズルやドリルなどを使用したトレーニングは、年齢問わず手軽に出来るのでオススメです。

中でもアルツハイマーなどの認知症は左脳の血管に障害が生じるため、計算問題などの脳トレは左脳を使用するため高い効果があるようです。

また、麻雀・囲碁・将棋・オセロといったゲームも相手の手の裏を読んだりすることで、楽しみながら行うことができる脳トレです。

自分に合ったものを上手く生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

人とのコミュニケーションが大切

年齢とともに人と人とのつながりも面倒になりがちですが、他人を気遣うことや人と話をするというのは脳の良い刺激になるようです。

実際に人付き合いが活発の方は、アルツハイマー病の人と同じように脳が変化してしまっても、人と接するための機能に必要な神経細胞によって認知症のような症状が見られないケースもあるんだとか。

コミュニケーションが脳にとって良い刺激になり、脳内で新しい神経細胞を作ってくれるので、積極的に誰かと会話するようにしましょう。

このページの上部へ▲