飲酒はほどほどに

ここでは、アルツハイマーのリスクを下げる飲酒方法としてオススメのお酒や適切な摂取量などを解説しています。

飲酒する人に朗報!適度な飲酒はアルツハイマーに効果あり

1日2合以上の飲酒は、普通の人より10年早く脳萎縮が進行すると言われており、多量の飲酒によってさまざまな疾患を引き起こす原因となります。

しかし、最近の研究で適度な飲酒をしている人は飲酒しない人よりも34%アルツハイマーのリスクが少ないという結果が明らかになりました。

中でも、ワインをグラスで3~4杯毎日飲む人は、飲まない人と比較するとアルツハイマーの発症率が1/4に軽減するので、毎日飲酒している人はワインにしてみると良いかも知れませんね。

お酒に酔いやすい人はアルツハイマー予備軍!?

お酒に弱い人やお酒を飲むとすぐに顔が赤くなる人は、アルコールを分解する力が弱く、この分解能力がアルツハイマーの大敵である活性酸素に対する抵抗力と関係があると言われています。

実は、お酒に弱い遺伝子の人は強い人の1.6倍も発症しやすいという統計も発表されて話題となっています。

だからといって無理にお酒を飲んでも無理にお酒を飲んでも、アルツハイマー病の予防になるどころか、他の病気を引き起こしてしまうので、適度な飲酒を心掛けたいものですね。

飲酒時に取り入れたい食品リスト

お酒しか飲まず、一緒に食べ物を摂らないと身体に負担がかかります。

胃の中に食べ物を入れることで、アルコールの吸収を遅らせて胃が荒れるのを防ぐ効果があります。

お酒を飲む時に食べておきたい食品は、チーズなどの乳製品です。胃腸の粘膜を保護する働きがあります。野菜類などの植物性食品も、ミネラルやビタミンがアルコールによって失われやすいので、多くとることがポイントです。

肝臓がアルコールを分解するには、たんぱく質を消費するため、卵焼きやお刺身といった料理もオススメです。

飲んだ後には、アルコール分解を助ける効果がある柑橘系の果汁が入った飲み物を飲むと効果的ですよ。

このページの上部へ▲