指先を動かす

ここでは、アルツハイマー予防に有効な指先を動かす体操やなぜ指を動かすことが脳に良いのかを解説しています。

第2の脳と呼ばれている指先を動かそう!

指には脳につながる神経が多いので、第2の脳とも呼ばれているほど、手指を動かして刺激することは脳の活性化に良いと言われています。

指先は脳の働きと密接な関係があり、複雑な動きができるように脳の広い領域と繋がっています。

1番脳の領域を使っているのが親指で、次に人差し指となっており、指先をたくさん動かせば、それだけ脳に多くの刺激が伝わるようになっているのです。

普段あまり使わない指先を意識して動かすことで、脳の血流量が大幅に上がり、アルツハイマー予防に高い効果があるようです。

指先体操のやり方をチェック

指先を動かす体操を難易度別に3つ集めてみましたので、参考にしてみて下さいね。

Level 1. 指折り

右手は親指、左手は小指から同時に順番に指を曲げ、5本折り曲げたら今度は逆に開いていく。

Level 2.  1人じゃんけん

右手と左手でじゃんけんをし、片方が勝つようにする。

Level 3. ずらして指を動かす

1つ遅れで左右1本ずつずらして指を折り曲げていく。

慣れてきたらずらす指の数を増やして更に難易度を上げていきましょう。

脳の神経細胞は使わないとどんどん衰えていくので、空いた時間に手軽に出来る指体操で脳を刺激してみると良いですよ。

また、趣味などを持ち、脳にほどよい刺激を与えてあげることも大切!

特に、手を動かし成果を確認できる楽器や手芸、工作などがオススメです。

趣味を通じて出会った新しい人からも刺激を受けるかも知れませんね。

このページの上部へ▲