頭を打たないようにする

ここでは、頭への衝撃がアルツハイマーの原因となることや頭痛やめまいといった症状も危険であることを解説しています。

頭痛やめまいも危険!アルツハイマー予防策

最近、頭痛やめまいなどの回数が増えた方は要注意!もしかするとアルツハイマーの初期症状かも知れません。

アルツハイマーは若年でも発症する認知症で、初期症状として日常的によくあるような頭痛やめまい、不眠症があります。

これらのごく初期の症状は本人も気づかないことが多く、なかなかアルツハイマーと判断することが出来ずに、仕事でのストレスやうつ病と間違えやすい傾向にあります。

アルツハイマーは放っておくとどんどん進行するので、早期発見し治療を進めることが大切。ちょっとした身体の変化も自己判断せずに、きちんと専門機関で受診するようにしましょう。

頭への衝撃がアルツハイマーの原因になる?

交通事故で強く頭を衝撃を受けたり、転んでコンクリートに頭を打ったというような、頭部になにかしらの衝撃を受けた後遺症によって、アルツハイマーや認知症といった症状になる場合があります。

アメフトやボクサーなどの格闘技を行っている人も同様で、頭に強い衝撃を受けると脳にも大きなダメージを受けるので、一般人と比べると3倍も高い発症リスクがあるそうです。

また、高齢者が転倒などで頭を打ってしまった場合は、後にアルツハイマーを発症するケースが多く、歩行の際には注意が必要です。

高齢者の転倒対策とは

加齢とともに筋力が低下しはじめ、転倒リスクが4倍にも高まります。

運動機能、疾病、内服薬などによって個人差はありますが、1度ケガをすると介護が必要となるだけでなく、後遺症が残り完治するまでも時間がかかってしまいます。

まずは、個人の運動能力に適した生活様式であるか住環境を整備して、筋力やバランス力を強化するトレーニングを行うことで歩行時の転倒を予防することが出来ると思います。

転倒しないための予防と転倒したときの対策をしっかりと行っておくことで、様々な後遺症から身を守りましょう。

このページの上部へ▲