【予防・改善】アルツハイマー型認知症で知っておきたいこと

TOP » アルツハイマー予防法【生活習慣】 » 歯を大事にする

歯を大事にする

ここでは、歯周病や虫歯など、歯の状態はアルツハイマー病の予防にも関係があり、毎日のケアが大切であることをまとめています。

歯周病とアルツハイマー、その驚くべき関係とは・・・

虫歯や歯周病など、歯の健康状態や口内環境とアルツハイマー型認知症は、大いに関連があることが、近年の研究で明らかになってきています。これは国立九州大学の大学院歯学研究院の武洲准教授と中西博教授らの研究グループが手がけたものです。

実は以前から、歯とアルツハイマー病の関係は指摘されていたのだそうで、アルツハイマー病患者の脳内から、Pg菌LPSという、歯周病の原因菌が検出されたということがあったのだそう。しかし、長い間、その理由や因果関係が分からないままだったようです。

そこで、武洲准教授と中西博教授のグループは、若齢マウスと中年マウスにPg菌LPSを投与する実験を行ったところ、若齢マウスには変化がなかったのに対し、中年マウスには学習・記憶能力低下などアルツハイマー病の症状が確認されたのだそうです。さらに遺伝子欠損マウスを用いた実験によって、このアルツハイマー症状の原因が、カテプシンBという酵素であることも突き止めたのだそうです。

つまり、簡単に言えば、歯周病の原因菌であるPg菌LPSが、カテプシンBという酵素を活性化させ、その影響でアルツハイマーの発生や症状悪化がもたらされているという仕組みです。このことから、歯周病がアルツハイマー病の悪化因子となることが示されました。カテプシンBを阻害する働きのある薬の開発には時間がかかりますので、日々の歯周病ケアが重要だと指摘されています。

口内環境の乱れは要注意!歯のケアでアルツハイマー予防

そもそも人間というものは、加齢に伴い歯や歯肉、あご、唾液腺、口腔粘膜など数多くの変化が始まります。アルツハイマー型認知症が気になる高齢者の方であればなおさらですね。とりわけ、現代の食生活により歯を失う高齢者は増えていて、70歳代後半には28本あった歯も平均で10本以下まで減少してしまうというケースも珍しくありません。

年をとるごとに自分の歯が減っていくことは、好きなものも食べることができなくなり、歯の健康を損なうと共に心身にも悪影響を及ぼしかねません。

また、脳と歯の関係というものは他にもあり、例えば、実際に残っている歯の少ない人ほど、脳の委縮が進む傾向にあるという報告もあるくらいです。さらに、歯を使うことであごから脳への刺激がもたらされ、そのことで脳を活性化できることも分かってきています。

逆に言えば、歯が減少することで、咬む力が弱くなると脳への刺激が減ってしまい、アルツハイマー病が発症するリスクが高まるので、自分の歯が少しでも長く残るように毎日のケアをしっかりと行っていきましょう。

正しい口腔ケアを学ぼう

口腔は細菌が繁殖しやすく、全身の疾患や炎症と密接に関連しています。体力や抵抗力が弱っている人にとって口の中の細菌は大敵!どういったお手入れをしていけば良いのかまとめてみましたので、今日から実践してみてくださいね。

毎日のセルフケア

  1. できれば食後には歯ブラシを使って綺麗にみがき、外出時など歯磨きができない場合はうがいをして口内の汚れを洗い流しておく
  2. 歯間ブラシやフロスなどを活用しながら歯垢を取り除き歯石を予防!
  3. 舌ブラシなどを使用して舌苔を除去しておく
  4. 入れ歯や義歯などを使用している方は毎食後に専用のブラシを使って流水下で洗し、就寝前など1日1回は入れ歯洗浄剤で清掃しておく

これらのセルフケアの他にも定期的に歯科検診を受診し、自分ではできない専門的なケアを行ってもらうことをオススメします。

【特集】アルツハイマーの最新治療! 軽度のアルツハイマーの症状が改善した研究結果とは?【特集】アルツハイマーの最新治療! 軽度のアルツハイマーの症状が改善した研究結果とは?