【予防・改善】アルツハイマー型認知症で知っておきたいこと

TOP » アルツハイマー予防法【生活習慣】 » 適正体重を保つ

適正体重を保つ

ここでは、体重と糖尿病の関係やアルツハイマーとの関連性について解説。適正体重を維持することの大切さをまとめています。

アルツハイマーと糖尿病の関係とは?

糖尿病は、血液中の血糖値が上昇することで様々な合併症を引き起こしてしまうという症状です。ある統計によれば、日本国内には、糖尿病およびその予備軍が実に2,200万人もいるとされており、誰しもが罹患してしまう可能性のある病気と言ってしまっても、過言ではないでしょう。

一方、アルツハイマー性認知症とは、βアミロイドというタンパク質が脳内の神経細胞に堆積することでダメージを与え、記憶障害などが起きると考えられています。一見すると関連性というものはないように思えますが、実は近年の研究によって、血糖値が高い状態が続いていると、アルツハイマー型認知症を合併しやすいことが分かってきたのです。

糖尿病患者がアルツハイマー型認知症を引き起こす可能性は倍

この発表を行ったのは、生活習慣病の原因究明と予防を目的としている国立・九州大学の「久山町研究」というチームです。

正常マウスと糖尿病マウスを、水迷路でゴールにたどり着けるかという実験で比較したところ、糖尿病マウスは記憶障害、学習障害が出現して、目的を達成できなくなるという事態が見られたのだそうです。

こうした研究を繰り返した結果、糖尿病患者がアルツハイマー型認知症を引き起こす可能性は、糖尿病患者でない人に比べ、2~4倍にも跳ね上がってしまうと見られているのだそうです。

なぜ、糖尿病だとアルツハイマーになりやすいのか?

その理由として考えられているのが、糖尿病とも関わりの深い物質であるインスリンです。インスリンは本来、血液中の糖を脳の神経細胞が働くためのエネルギーとして取り込むことをサポートする約割を担っています。

インスリンが関係している

しかし、糖尿病によってこのインスリンの能力が低下してしまうと、脳の神経細胞は糖を上手く取り込めなくなり、ダメージを受け、ひいてはアルツハイマーを発症しやすくなると考えられているのだそうです。

もうひとつ、糖尿病はアルツハイマー型認知症だけでなく、血管性認知症のリスクも高めてしまうとのこと。糖尿病は血糖値が高くなっているため、脳内の動脈硬化を招き、ひいては脳梗塞などを引き起こしやすくなります。

決して、糖尿病と認知症は無関係でないということが、お分かりいただけたのではないでしょうか。

アルツハイマー予防には適正体重を知って糖尿病を防ぐ

そもそも糖尿病は肥満体質の方に起こりやすい病気ですが、いわゆる痩せ型体型の人でも起こる病気です。日頃から自分の適性体重を把握し、しっかりと体重管理をしておくことはもちろん、定期的に医療機関でチェックすることが望ましいと言えます。

例えば、運動や食事制限もしていないのに、急に体重減少が起きたという場合は、糖尿病の危険信号です。もしかすると糖尿病がかなり進行しているかも知れないので、速やかに医師に相談するべきです。

メタボリック判定の基準とは?

糖尿病患者のなんと3人に1人がメタボリック症候群であることが明らかになっています。メタボリックシンドロームの診断には内臓脂肪の蓄積が必須条件。内臓脂肪の蓄積はおへそ周りの腹囲で判定し、男性は85cm以上、女性は90cm以上を基準値としています。そして日本では、次の項目のいずれかに2つ以上該当するとメタボリックシンドロームと診断されています。

  • 最高血圧が130mmHg以上、最低血圧が85mmHg以上
  • 空腹時の血糖値が110mg/dL以上
  • 中性脂肪が150mg/dL以上でHDLコレステロールが40mg/dL未満

メタボリックの人は生活習慣病を起しやすいので、今の生活を見直して年に1度は健康診断を受けるようにしていきましょう。

【特集】アルツハイマーの最新治療! 軽度のアルツハイマーの症状が改善した研究結果とは?【特集】アルツハイマーの最新治療! 軽度のアルツハイマーの症状が改善した研究結果とは?