アルツハイマー病の予防と改善ガイド » アルツハイマー予防法【食事のしかた】

アルツハイマー予防法【食事のしかた】

毎日の暮らしをちょっと一工夫して、アルツハイマーにならない・悪化させない生活を心がけましょう!食事は体にバランスの良い栄養を送ることだけでなく、しっかり咀嚼して脳に刺激を与えることができるため、アルツハイマーの予防には欠かせないポイントです。

栄養素をバランスよく、脳に良い食べ物を摂る

アルツハイマーをはじめとする認知症を防ぐためには、日頃から生活習慣病にならないように体調管理&バランスの良い食事を心がける必要があります。中でも特に重要なのが、血糖値を上げないこと。糖尿病を患っている人がなりやすいのは周知の事実でしたが、近年の研究では、アルツハイマーは「脳の糖尿病」なのではないかと考えられる結果が様々な所から報告されています。

血糖値の急激な上昇を抑えるには、食物繊維がオススメ。コレステロールの原料となる成分を排出・再吸収を防ぐので動脈硬化や肥満の予防など、その他生活習慣病対策としても効果的です。

塩分過多はアルツハイマー病だけでなく数多くの病気のリスクになる高血圧や動脈硬化などを引き起こすので危険です。減塩調味料や塩分を排出する食材を取り入れていきましょう。

タンパク質は肉より魚を。DHA、EPAを多く含む青魚は認知症予防に効果が高いと昔から言われていますね。また、納豆や豆腐などの大豆製品、鳥のささ身や卵なども良質なタンパク質が含まれていて体に良いそうです。

食事はしっかり、よく噛むことが一番大事

実は、アルツハイマーを引き起こすβアミロイドというタンパク質は、食べ物をあまり噛まずに飲み込んでしまう人ほど多くなるという研究結果が。口の咀嚼回数が多いほど、この物質が脳に蓄積する可能性を減らすことが出来るのだそうです。

食べ物をよく噛むだけで、反射神経や記憶力、認識力、判断力、集中力がUP。噛むという動作だけで顔や頭の様々な筋肉が動き、それに付随して脳幹や大脳が刺激され、活性化する効果が期待できます。1日3回の食事で毎回しっかり咀嚼&舌で味わう、匂いをかぐ、など五感を刺激すると認知症予防効果がかなり期待できます。

また、アルツハイマーを発症する人は歯が弱く、本数が少ないというデータもでています。食事をよく噛んで食べることで歯が強くなり虫歯や歯周病も予防でき、年を取っても歯をしっかり残す事ができるので認知症状も出にくくなるのです。

それから満腹中枢が刺激され少ない量で満腹になるので万病の元・肥満の防止にも効果的。噛むことだけでこんなに嬉しい効果がたくさんあるんですよ!

初めに述べたように食事の内容ももちろん大切ですが、どんな食事でも「しっかり噛む」ことを忘れないようにしてください。

このページの上部へ▲